警備員

防犯カメラやワイヤレスカメラで被害ストップ│セキュリティ・ガイド

映像ケーブル不要の利点

空き巣などの被害を未然に防ぐなら監視カメラを設置すると良いでしょう。犯罪が起こってもしっかりと証拠を残せますよ。

鍵開けのプロに依頼するなら、コチラへどうぞ。ドアが開かなくなったなどのトラブルも迅速に対応してくれるので安心ですよ。

プライバシー保護に注意

泥棒

最近の防犯カメラは小型・軽量化され、特にワイヤレス化された製品は、設置場所の自由度が高くなっています。取り付けは専門業者に依頼するのが安全確実ですが、自分で行うこともできます。その際の注意点は、まず位置や角度を調整して死角をなくすと共に、必要最低限の範囲が映るようにすることです。特に他人の住宅内部は絶対映らないようにしないと、プライバシーの侵害になります。さらに防犯カメラ設置を知らせるステッカーを明示しておくことも大切です。防犯目的とはいえ、無断撮影は隠し撮りと同じになってしまうからです。また撮影データは、管理責任者を置いて適切に扱うようにします。例えばデータの保存期間、削除、保管場所などのルールを定めておくべきです。

無線LAN利用で手軽に

ワイヤレス式の防犯カメラが人気がある理由は、映像ケーブルの引き回しが不要であることが大きいです。ケーブルが必要な場合は、壁に穴を開けたり、ドアや窓の一部に加工工事が必要になってしまいます。その点ワイヤレス式は、受信側の電波状態に問題が無い限り設置場所は自由です。またワイヤレス式の防犯カメラの電波は、ほとんどの機種で2.4GHz帯の無線LANの方式を使用しています。そのため専用のデジタルビデオレコーダーは不要で、パソコンのHDDやMicroSDカードへの保存が可能です。電源はアダプターを接続するタイプが多いですが、バッテリー駆動するタイプもあります。車へのいたずら・盗難防止用としても活用できます。

警備員

鍵屋は鍵の複製やドア開けをしてくれることで人気を集めています。目的に合わせた依頼をすることによって、生活を豊かにすることが出来ますし、安心をして生活をすることが出来ます。複数鍵屋はありますので、口コミなどで判断をしましょう。

扉の修繕は防犯性を高める

泥棒

ドアの修理をする事によって建物の見た目を綺麗にする事ができ、防犯性が高まるため不審者から住宅を守ります。ドアの枠組みはそのままに本体だけを交換する修理も人気で、安い予算で簡単に交換する事ができるためお薦めです。

設置するだけの防犯対策

警備員

防犯対策として泥棒を怯ませる程度であれば、ダミーの監視カメラがオススメです。安い物も豊富にありますが、ハウジング型の本物とダミーの見分けが付かない物が見破られにくいです。ダミーだけではやはり不安な場合は本物を室内に設置しましょう。